メニュー

小さなクリニックだからこその安心感

[2021.04.28]

 私は、クリニックを開業するまで、大学病院や大きな精神科病院で勤務させていただきました。その多くの患者さんは、入院加療を要する病状の方、入院加療を要した病状であった方がほとんどです。外来通院されている患者さんだけではなく、入院中の患者さんや入院中に主治医として関わった方々は、退院後の外来でも主治医としてフォローさせていただいておりました。しかしながら、転勤するたびに、交代で来られる次の医師に引き継ぐ形となり、長期間のフォローができませんでした。患者さんの中には、「先生にずっと診てもらいたかった」「転勤先の病院が近かったらそちらに行くのに」などとおっしゃっていただけることも多々あり、ありがたく思うと同時に、申し訳ない気持ちでいっぱいでした。(もちろん、私の転勤により主治医が交代することを望まれた患者さんもいらっしゃるとは思いますが。)転勤後だけではなく、もちろん今でも、「これまで診させていただいた患者さんたちはどうされているかな」「元気にされているといいな」などと願い、皆さんのお顔を思い出し、考えることも多いです。このようなことも開業を決意した理由の一つです。一般的にどの診療科も大きくは変わらないと思いますが、大学病院など大きな病院での治療となると、主治医の転勤、曜日ごとに医師が違うといったことが避けられません。調子が悪くて診て欲しいのに、「主治医がいない」などとお困りになってしまうこともあります。当クリニックでは、院長の私が一人で診させていただきますので、初診から終診まで責任を持って担当させていただきます。この点につきましては、小さなクリニックだからこその安心感があるのではないかと考えております。また、大学病院や大きな病院を受診する時と比べて、当院への受診は断然ハードルが低いと思います。小さな悩みでも、そのまま放っておくと、こころだけではなく、身体面に不調が出てくることもあります。そのため、お早めに、お気軽にご相談いただけると幸いです。当院のホームページ内のご挨拶で書かせていただいているように、私は約10年間のサラリーマン生活を経て医師になりました。それから、大学には3つ通いました。そのため、働く人たちだけではなく、大学生の方々の相談、アドバイスもできるのではないかと思っています。

 新型コロナウィルス感染症により世界が一変してしまいました。元の世界に戻るまで、何年かかるのでしょうか。もしかしたら、以前のようには戻らないのかもしれません。人生もそうですが、世の中思い通りにならないことばかりです。遊びに行きたくても行けない。会いたい人に会えない。離れて暮らす家族、友人、知人や職場の仲間などとの関わり、絆が大切であることを再認識する日々だと思います。経済的な不安を抱え、希望の光が見えず、明るい未来を想像することができず、つらい思いをしている方々に寄り添って、こころの悩みを相談できる場所にしたいと思っております。一般的に、医師の平均寿命は約10年短いと言われています。それが正しいのであれば、私にはあと20年ちょっとしかありません。私立医学部卒とはいえ、医師になるために税金も投入されています。また、医学部の学生時代には、献体してくださったご遺体で、人体の解剖学の知識を習得させていただきました。もちろん、献体に対する感謝の気持ち、その方々の期待に応える責任と自覚を持つといった精神的教育を受けてきました。元々、40歳で医師になっていますので、医師として世の中の人の役に立つために還元できる期間が短いです。その分、全力で、可能な限り、皆さんのお役に立てるよう、一人一人の患者さんに真摯に向き合って努力してまいります。現在は、新規開院後ということもあり予約が取りやすい状態です。ぜひとも一度、こんなふうに考えている医師のところにご相談いただくのはいかがでしょうか?

 

 当クリニックは 京都市営地下鉄 烏丸線 四条駅、阪急 京都線 烏丸駅 の4番地上出口からすぐ近くで、徒歩1分というアクセス良好の立地です。また、電車だけではなく、バス路線も多数ありますので、公共交通機関のご利用が便利でおすすめです。

 メンタルに不調をきたした患者さんの悩みに共感し、寄り添っていきたいと思います。

(令和3年4月28日)

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME